ホーム | よくあるご質問 | コンタクト | ウェブ検索で 検索  
http://www.musdeodeancon.com
アンコンの文化的変遷
アンコンは、アンデス地域で、中央アンデス地域の編年で知られる時期の文化的変遷が複合的に継続してきた数少ない場所のひとつです。そのため、その歴史は、石期から後期ホライズン、そして植民地・共和国期までも含んでいます。

先スペイン期

アンコンの海辺は、チジョンからチャンカイ谷の間にあって魅力的な観光地として知られてはいますが、それだけでなく同時に、考古学の調査の進展によって明らかになってきた、この地域の華麗で長きにわたる歴史を伝え守っていくことは重要なことです。

続きを見る

植民地時代

植民地時代には、アンコンの人口は減少し、漁民たちの入り江となっていました。しかし、海岸と山岳地域に住む人々をつなぐ交通の要衝として重要な役割を担い続けていました。インカがつくった道を行き来する旅人や商人たちの宿泊の場となっていました。

続きを見る

独立時代

独立時代、アンコンはワチョ市に宿営していた独立派の愛国者たちとチジョン谷を拠点にしていた王党派たちの間での戦闘の舞台のひとつとなりました。独立派の愛国者たちは、王党派たちの攻撃を避けるために、アンコンのインカ道を占拠しました。

続きを見る

共和国時代

カジャオでの王党派による閉鎖にともなって、アンコンは重要な地位をえました。すでに述べましたように、6月28日にサン=マルティンは、アンコンを公式な港湾として制定しました。しかし、1863年ごろまでアンコンは、平穏な漁師たちの町として続いていました。

続きを見る
コメント






© Copyright 2009アンコン遺跡博物館及び文化活動協会。このサイトの内容の無断転載を禁じています。

enjoit.comによって作ら