ホーム | よくあるご質問 | コンタクト | ウェブ検索で 検索  
http://www.musdeodeancon.com
あなたがされている: バーチャル・カタログ
バーチャル・カタログ
土器
アンコン遺跡博物館が所蔵する土器は、アンコン遺跡博物館及び文化活動協会の協力のおかけで実施されてきた、パサマヨ遺跡(Pasamayo)とネクロポリス遺跡の墓域で1960年と70年代に実施された考古学緊急調査と、そして後にこれらの遺跡で実施された学術調査で出土したものです。
続きをみる
マテ(ヒョウタンのこと)製品
マテ(ヒョウタン)製品は、全部で125点あり、ウリ科(Lagenaria sp)の植物で、一般的に「マテ(Mate)」と呼ばれるもので、その実の皮部分をつかってつくられたものです。早期から容器づくりのために伝統的にマテが利用されてきました。
続きをみる
植物製品
目録に紹介されている木製品は全部で231点に及び、すべて時期は、後期中間期になるものです。すべての木製品は、彫りによって製作されています。
続きをみる
     
石器
アンデス地域に初めて人類が現れてからインカ帝国が拡大する時期までの1万2千年もの間、石器は経済、儀礼活動には欠かせないものでした。
続きをみる
貝と貝殻製品
海岸地域に住んでいた古代の人々は、谷、ロマス(砂漠のお花畑)、沿岸で栄養価が高く、また経済的に、シンボルとしての価値をもった資源として貝を利用していました。。
続きをみる
人骨
人骨の発見は、古代社会の人々がつくりだし、のこした遺物ではなく、その遺物を製作し、文化的発展の起源をつくった人々そのものについて研究する考古学者にとっては、貴重で数少ない研究の機会となり、重要なものです。
続きをみる
     
 
織物
織物の工芸は、5千年以上にわたってアンデス地域で発展し、紀元後1,100年から1400年代に最盛期を迎えた重要な芸術表現のひとつとなっています。
続きをみる
金属器
象徴性、耐久性、華奢性は、古代ペルー人が工芸品としての金属器にもとめてきた主な役割でした。
続きをみる
 
コメント






© Copyright 2009アンコン遺跡博物館及び文化活動協会。このサイトの内容の無断転載を禁じています。

enjoit.comによって作ら